歯科

当院では歯科に力を入れており、ハブラシグッズも各種とりそろえております。

こんな時は歯の病気かも?

  注意すべき症状

   ・口が臭う

   ・よだれが多い

   ・歯が白く無い

   ・歯が抜ける 

   ・口から出血する

   ・目の下が腫れてきた

   ・症状がわからないことも多い

  注意すべき犬種

   ・3歳を過ぎたら全犬種で注意が必要

   ・1歳を過ぎた小型犬種

  特に:

   ・小型犬

   ・M.ダックスフント

   ・T.プードル

   ・短頭種(パグ、フレンチブルetc...)


「動物の歯医者さん」(予防歯科処置、歯周病治療、虫歯治療、折れた歯の治療、口腔外科etc...)

今まで獣医界で主流であったのは、問題が起きた歯の治療をするという考えでした。

しかしそれでは後手に回ってしまい、歯を抜かなければならないという、非常に残念な選択をせざるを得ないことが多々ありました。

歯を抜かれに歯医者さんに行くのは人間も嫌ですよね?動物も嫌だと思います!!

当院では極力「歯を生涯・痛みなく・問題なく・残してあげたい」と考えています。

そのためには予防処置・日常のケアが非常に大切で、そのケアは飼った時点から始めなければいけません。

問題が起きない歯にするために、飼い始めたらまず1度歯についてご相談にいらしてください。


当院の歯科処置の特徴

【当院で行う歯科処置】は、一般にイメージされる【歯石除去】とは違います。

当院では、「歯石を取れば良い」という考えではなく、その先の、歯周病を防ぐということを考えて処置を行っています。

 ○歯周病になると何が起こる?

  ・歯肉から出血

  ・歯の根元が化膿し、目に炎症を起こしたり、目の下に穴が開いて膿が出てしまう

  ・歯を失う(歯が抜ける)

  ・歯が植わっている顎の骨まで腐らせてしまう

  ・一番恐いのは、口腔内で増えた細菌が全身に周り様々な臓器にダメージを与えてしまう(心臓、肺、肝臓、腎臓etc...)

 ○うちの子は大丈夫?

  ・ワンちゃんは自分で歯を磨けませんし、毎日奥歯まで磨いてあげられるという方は少ないと思います。

   「犬は歯を磨かなくても大丈夫」何てことはありません。人間と同じように歯垢や歯石は溜まるのです。

   ですから、どんな子でも【歯科処置】が必要な子がほとんどです。

  ・3歳を超えたら8割の子が歯周病と言われています。(最新の報告では1歳の小型犬の9割が歯周病と言われています)

 ○歯石除去じゃダメなの?

  ・表面の歯石除去だけでは歯周ポケットの歯垢や歯石は取れません。

   ですからせっかく麻酔をかけて行っても、歯石は一見ついていないのに、歯周病になってしまう可能性があります。

  ・歯石除去だけでは、歯周の状態を改善する処置を行っていないことになるので、歯周病の予防・治療にはなりません。


歯科処置当日の流れ

麻酔

歯科用レントゲンで評価

プローブで歯周ポケット、動揺度、根分岐部病変等の評価


スケーリング(必要な場合はルートプレーニング等):色々な道具を使い歯石/歯垢をとります

抜歯・再生治療・歯内治療等(必要に応じて)


ポリッシング:細かな凹凸も無くすため、ブラシやラバーカップを使い、

研磨剤も2種類使用してつるつるに仕上げます。 

お迎え

当院の歯科処置の実際

歯と歯周の評価①

歯の表面に見えている歯石だけで無く、歯周プローブ(写真の青色の器具)という器具を用いて、見ただけでは分からない、歯肉の中の歯石や、どれぐらい歯肉ポケットができているか、どの歯を抜歯すべきかなどを評価します。

【当院の歯科処置の特徴】

歯と歯の評価②

歯肉・歯肉ポケット・歯の状態をカルテに記載していきます。

犬では42本と、人(28本)より多い歯の一本一本を丁寧に評価していきます。

これが非常に大事です。

【当院の歯科処置の特徴】

スケーリング①

歯の表面についている歯石を超音波スケーラーで落としていきます。

(これが一般に言われる【歯石除去】です)

スケーリング②(正確にはルートプレーニング・キュレッタージ)

歯肉の中に入っている歯石は、歯肉を傷つけないように、手作業で一つずつ磨いていきます。

また逆に、良くない歯肉は取り除くことで歯肉の状態が良くなるので、そういった処置も行います。

【当院の歯科処置の特徴】

ポリッシング

歯の表面をつるつるにするために、研磨剤を2種類使って磨き上げます。

【当院の歯科処置の特徴】

歯ブラシ

歯の治療は「歯石を取ったらお終い!」ではありません。

継続的な歯磨きをしないと1年以内に元通りになってしまいます。少しずつ練習していきましょう。磨き方をお教えします。

歯科専用レントゲン装置

歯が植わっている歯槽骨の状態を判断します。

人間の歯医者さんに行って歯のレントゲンを撮られたことがない方はいないと思います。

ワンちゃん猫ちゃんの歯の処置をする場合も歯のレントゲン撮影は必須です。

デジタルレントゲンで撮影するため被曝量は1/10に抑えられます。

レントゲン撮影(二等分面法)

抜歯を行う前に歯科専用のレントゲンを撮影します。これにより、抜歯する際に顎が折れてしまうリスクが無いかをあらかじめ評価することができるため、安全な抜歯が可能となります。

デジタルレントゲンで撮影するため被曝量は1/10に抑えられます。

撮影したレントゲンのご説明

どの歯がどこまで悪くなっていたか・今後どの歯にどのようなケアが必要かをお話しします。

予防歯科処置(スケーリング、ルートプレーニング、キュレッタージ、ポリッシング)

この子は歯周病(歯肉炎➕軽度歯周炎)の状態で来院されました。歯石は全ての歯についており、歯肉は赤くなり、腫れて、形もいびつになってしまっています。また、歯科専用レントゲンで撮影してみると、軽度に歯が植わっている顎の骨も溶けていることがわかりました。

人間だったら間違いなく口が痛くて食事を口にしづらい状況でしょうが、わんちゃんは顎が折れてもご飯を食べ続けるぐらい口の痛みを訴えるのが苦手な動物です。

歯周病の進行を抑えるため、当院にて歯科処置を行わせていただきました。(フラップ術、抜歯、歯内治療等の処置は不要でした)

処置から1ヶ月後の写真です。

歯石はなく、歯肉は淡いピンク色になっており、引き締まって、正常な見た目になっています。今後は歯磨きを続け、定期的な予防歯科処置を行って行く予定です。

早い段階で処置してあげればこんなに綺麗になります。

ワンちゃんのお口は本来ほとんど無臭なのが正常です。少しでも臭いと思われるようでしたら歯周病、腎臓病など、何らかの疾患にかかっている可能性があります。お早めに受診されることをオススメします。

歯茎が溶けてしまったら・・・歯を残すため最大限努力します!(フラップ形成術:垂直開放切開)

自分の可愛い愛犬の「歯を抜いて欲しい」と思っている飼い主さんはいないと思います。

当院では歯を「どうすれば抜かなくて済むか」を第一に考えて処置を行なっています。

写真は重度歯周病を患った子の上の前歯です。

歯肉を垂直に切開し、めくり上げることで、歯肉に埋もれている(隠れている)部分まで歯石を確認して取り除くことができます。

全ての歯石を取り除いた後歯肉を再度縫合します。その際再び歯肉ポケットになってしまわぬように縫合を行います。

歯が折れてしまったら・・・歯を残すため最大限努力します!(抜髄根管充填/歯内治療)

歯が折れた時の選択肢は2つです。

①歯を残すための処置をする(保存修復、直接覆髄、間接覆髄、抜髄根管充填)

②歯を抜く

※麻酔をかけられない事情がない限り、「様子を見る」は基本的にしません

 →様子を見ていると歯髄から感染を起こし、歯を支えている骨が溶け、目の下に穴が開いたり、菌が全身に悪さしたりするからです。

 →また、動物は喋りはしませんが、本当はめちゃくちゃ痛いはずです。人間でも虫歯があったり、少し歯医者さんで歯を削られるだけでも痛いのに、神経が露出している状態で痛くないはずがありません。

歯が折れて、歯茎も削れてしまっています。

さらにその上に歯石がついています。

歯の根っこが感染を起こしていました。

歯髄を金属の器具を使って取り除いているところです。器具のサイズを変えて、どんどん穴を拡大していきます。

神経を取り残さぬよう、慎重に行います。

※動物専用ファイル(上)と人用ファイル31mm(下:人用の中で最長のもの)

倍ぐらいの長さがあることが見て分かるかと思います。主に犬の牙に用います。人と動物ではこんなにも歯の根っこの長さが違うのです。

十分な大きさに穴を拡大できたら中を洗浄していきます。

最終的にレジンで穴を覆い、光重合を行なっている所です。

最終的な見た目です。


治療前。外歯瘻と呼ばれる状態で、目の下に穴が空いています。

ホームドクターで半年間毎日治療(抗生剤投与)を行なっていましたが、良化しなかったため当院を受診していただきました。

治療後2ヶ月目。目の下の穴は完全に治っています。(抗生剤投与なし)

「治療後1週間の段階で治った」とご報告いただきました。

抜髄根管充填直後のレントゲン。根尖周囲病変が近心・遠心根共に認められます。(歯の根の周りの黒い部分)

治療後2ヶ月目のレントゲン。近心・遠心根の根尖周囲病変が共に良化しています。(遠心根の周囲はまだやや黒っぽいので要経過観察)

別角度。近心根の周りが処置直後より明らかに白く、骨の密度が上がっていることがわかります。

注:全ての子で歯を残せるわけではありません。歯を抜いた方が顎の骨や全身にとって良い場合は抜歯をオススメする場合もあります。

抜歯が必要な場合とは…(詳細は「当院の抜歯基準」のページをご覧ください)

一見すると、少しの歯石しか付いていないように見えますが…

歯周プローブを使うと、奥深くまで歯周ポケットになっていることが分かりました。

(青色矢印は右上顎犬歯を示しています)

実際に歯肉を切ると、奥深い所にびっしりと歯石が付いており、化膿を起こしていました。この歯は抜歯するしかありませんでした。

当院では最終的に抜歯をするか温存するかの判断は歯科専用レントゲンとプロービングの結果+オーナー様とその子がどこまでホームケアができそうかで判断しています。

写真は重度歯周病の子のレントゲン像です。

この子の骨はすでにほとんど溶けてしまっていて、歯に骨がほとんどくっついていません。

黄色が骨を示しています。

このような状態では、抜歯を行わないと歯周病菌によりどんどん骨が溶けていってしまいます。(顎が骨折する可能性あり)

こちらは軽度歯周病の子のレントゲン像です。

上の重度歯周病の子のレントゲンと見比べてみてください。

黄色が骨を示しています。

こちらの子は骨が十分歯にくっついていることが分かりますね。

骨に十分な厚みがあるため、これなら顎が折れてしまう心配もないですね!

このように歯科用レントゲンで撮影することで、どの歯を残せるか、どの歯を抜く必要があるかを客観的に評価することができます。

また上の写真を見比べていただいても分かるように、歯周病が進行していると「骨の厚さ」が薄くなってしまいます。そのことをレントゲンで判断せずに抜歯してしまうと簡単に顎が折れてしまうこともあります。(特にチワワやT.プードルのような小型犬)

当院で歯科処置を受けていただく場合は、全ての子で歯科用レントゲンで歯と歯の周りの骨(歯槽骨)の評価をさせていただいてから処置を実施させていただいております。

乳歯はそのままで大丈夫?(歯科矯正)

乳歯が残っていると、噛み合わせが悪くなってしまい(不正咬合)、下の歯が上顎に突き刺さってしまったり、歯が密集することで歯石がたまりやすくなり、歯周病の原因となってしまったりと、デメリットがいっぱいです。

(上の写真の子は生後5ヶ月齢ですが、すでに永久歯と乳歯の間に黄色い歯石がついていることが分かります)

上の写真は乳歯を抜歯後、永久歯が正しい方向へ向くように歯科矯正を行なっているところです。

できるだけ若いうちに(特に噛み合わせに問題がある子の場合生後6ヶ月より前に)抜いてあげることをオススメします。

6ヶ月齢を超えて、歯の向きが決まってしまってからの歯科矯正は大変です。

この子は外側にある「乳歯犬歯」が自然に抜けてくれなかったために、「永久犬歯」が内側に向かって成長してしまい、上顎に突き刺さってしまいました。

そこで外側にある乳歯犬歯を抜歯し、永久犬歯の内側から歯科矯正を行いました。

歯科矯正1週間後の写真です。しっかりと下の永久犬歯が外側に顔を出しており、上の犬歯と第3切歯の間に抜けています。これで下の犬歯が上顎に突き刺さることは一生ありません。

乳歯が生え変わる生後5ヶ月〜7ヶ月の間は、しっかりと乳歯が抜けて歯並びに問題がないかを、月に1・2回は動物病院で確認してもらうことをお勧めします。(状況によっては1週間に1回checkが必要な子も)

乳歯抜歯を考える時期

・上顎犬歯…永久歯と乳歯の並存期間が2−3週間を超える場合

・下顎犬歯…永久歯と乳歯の並存期間が1−2週間を超える場合

・切歯・臼歯…永久歯と乳歯の並存期間が3日を超える場合

※これ以上そのままだと噛み合わせ不良(不正咬合)に繋がりかねません。歯周病予防の観点からも早めの抜歯をオススメしています。

ちゃんと全部の歯が生え揃っていますか?(埋伏歯・含歯性嚢胞)

まずはお家でセルフチェック!!

【正常な歯の本数:切歯(前歯)】

上下とも:

犬歯(牙、最も鋭い歯)と犬歯の間に6本歯があるのが正常です。

【正常な歯の本数:臼歯(前歯以降の歯)】

上:犬歯と第4前臼歯の間に3本(青矢印)

下:犬歯と第1後臼歯の間に4本(赤矢印)

これが正常な本数です。

※上顎第4前臼歯、下顎第1後臼歯の後ろにも歯はあるのですが、ご自宅で確認することは非常に難しいかと思いますので、まずはここに書いてある歯があるかを確認してみてください。

本数が足りない子は要注意!!

この子は矢印の部分に歯が1本足りませんでした。

こうのような場合、「埋伏歯」といって、見かけ上歯が無いだけで、実は顎の骨の中に歯が埋もれている場合があります。

「埋伏歯」はそのままにしておくと「含歯性嚢胞」といって、顎の骨を骨折させてしまう事もある非常に怖い病気へ進行することがあります。

そこで歯科用Xrayで「埋伏歯」があるか、本当に歯が無い「欠歯」なのかを確認しました。

すると顎の骨の中に埋伏歯があることがわかりました。(赤矢印)

さらにその下には含歯性嚢胞(青矢印)をすでに形成しており、顎の骨が一部溶けて無くなっていることがXrayで分かります(黒い丸)。

★「欠歯」は特に処置なし

★「埋伏歯」は処置が必要

顎の骨を削って取り出した歯です。歯の周りにあった嚢胞も合わせて全て摘出しています。

顎の骨を削ってまで取り出すと言うとびっくりされるかもしれませんが、そのままにしておけばどんどん骨が溶かされて顎が溶けて無くなってしまい、最終的には顎が折れてしまったり、吸収の範囲が広ければ顎ごと切除しなければ問題を解決できなくなることもあるため、

被害を最小限に止めるために必要な処置となります。

摘出した後のXrayです。埋もれていた歯が無くなっていることが分かります。

削った部分は本人の力で再生してきます。(範囲が広い場合は骨の再生材料を埋めます)

歯が1本でも足りない場合は必ず歯科用Xrayで埋伏歯の有無を確認することをオススメいたします。

顎が折れてしまってから気づいたのでは遅いですからね。

歯周病のままだとこんなことになってしまうかも!?(口腔鼻腔瘻)

歯周病で犬歯が抜けて、穴が空いてしまっているところです。この穴は鼻にまで通じており、「口鼻瘻」と呼ばれる状態になっていました。

こうなると症状としては鼻水・くしゃみが多く見られるようになります。

ダブルフラップ変法

空いてしまった穴を口唇粘膜や口蓋を用いて閉鎖します。本症例では比較的大きな穴が空いていたため、この術式を採用しました。

手術から7日後の写真です。

傷が開いてしまうこともなく、現在も良好な経過を辿っています。

歯周病で上顎犬歯が抜けて、大きな穴が空いてしまっているところです。上の子同様「口腔鼻腔瘻」と呼ばれる状態です。

この穴の周りの骨は溶けており、上顎1/4近くの骨が溶けて無くなっていました。

他の歯も全体的に重度の歯周病になっています。

シングルフラップ

空いてしまった穴を口腔粘膜を用いて閉鎖します。

手術後の写真です。

傷が開いてしまうこともなく、現在も良好な経過を辿っています。

鼻と口が通じてしまうという大変大きな病気ですが、現状のワンちゃんたちでは決して珍しい病気ではありません。

歯が唇に覆われてしまっているため、普段から飼い主様が歯ブラシをしてあげるなど、口の中を見る習慣が無いと意外と気づかれないものです。

歯科治療は麻酔をかける?かけない?

当院では必ず麻酔をかけて検査、処置を行います。

→なぜ麻酔をかける?麻酔をかけないと…

  ・動物に恐い思いをさせてしまう。

  ・【歯石除去】ができたとしても、歯周病を予防・治療するための【歯科処置】は、無麻酔では不可能。

  ・上記の「当院の歯科処置の実際」を見ていただければお分かりになると思いますが、起きている状態でこれだけ丁寧に処置は行えません。

  ・どんなにおとなしい子でも、動いてしまって、歯周プローブを用いて歯肉の中を一本一本正確に評価することは不可能だから。

  ・無理をして処置すれば、歯を傷つけてしまったり、口の中を切ってしまい危ないから。

  ・超音波スケーラーを使ったり、抜歯をすることは、どんなにおとなしい子でも、麻酔がかかっていなければ不可能だから。

  ・中途半端な検査は、病気の見落としが起こり、処置のやり残しを起こしてしまうから。

  ・表面の歯石を取るだけでは数ヶ月もすれば元どおりになってしまうため、表面の研磨までしっかりと行う必要があり、研磨もその他の処置と

   同様麻酔がかかっていない状態では不可能だから。

  ・嫌な思いをさせてしまうと、お家での歯ブラシを嫌がるようになってしまうから。

→麻酔をかけないメリットは?

  ・値段が安い

  ・麻酔をかけないで済む   この2つだけ・・・


※当院では最新の麻酔器と、麻酔専任の獣医師をつけて麻酔をかけており、安全には特に気を配っています。

 麻酔の管理は東京の大学病院勤務時に重症例を含む麻酔管理を1000件以上行なっていた獣医師が行うため、安心してご利用いただけると思います。


歯科担当獣医師・看護師

 ・日本小動物歯科研究会会員獣医師2名

 ・日本小動物歯科研究会レベル1・2修了

 ・日本小動物歯科研究会認定動物看護師




初めて来院される方へ
スタッフブログ
スタッフ募集

窓口精算対応保険会社

アイペットペット保険対応動物病院