歯科治療の流れ

初診検査:歯の視診
治療:なし、歯の病気の説明(30分〜1時間)

※この日にこの子の歯周病がどの程度の重症度で、どの程度の治療(再生療法の可否や抜歯の有無)を必要とするかを決定することはできません。(大まかにはお話しします)
→理由:重症度、治療内容は、麻酔下で行う歯の精査(歯科専用レントゲン、プロービング)を行って初めて決定できるからです。
術前検査検査:術前全身精査(手術日前の1週間以内で実施)
治療:検査結果に応じて、検査結果の説明(30分前後)

※麻酔に耐えられる子かどうかを血液検査、Echo、Xray、心電図等を行って評価します。歯の評価を行う日ではありませんのでご注意ください!
手術日検査:麻酔下で歯の精査(歯科専用Xray、プロービング)
治療:歯の精査による診断に基づいた治療

plan1:歯の精査のため麻酔をかけ、そのままの流れで歯科治療をこちらの判断にお任せいただいて同日実施します。
(初診もしくは術前検査の段階で、これぐらいの重症度だったら再生治療まで頑張りたい、絶対に抜歯はしたくない、重度の場合には抜歯したいなどのご希望をお伺いさせていただき、それに基づいて処置を行います)

plan2:1回目の麻酔…歯の精査を実施。その結果をお伝えし、飼い主様と獣医師とで十分に治療方針を相談。
     2回目の麻酔…決定した治療方針に基づいて治療。
(この場合は、歯科精査とは別日に再度麻酔をかけて処置を行うことになります。そのための術前検査も再度必要となります。)

本人の負担を考えて基本的に当院ではplan1をオススメしています。
術後1週間検査:治療後の歯の様子を視診でcheck
治療:歯のお薬を処方、歯のケア方法をお話し

※他県よりお越しいただく場合や、緊急例では応相談とさせていただいております。


初めて来院される方へ
スタッフブログ
スタッフ募集

窓口精算対応保険会社

アイペットペット保険対応動物病院